ASPとは

ASP
ASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダ(Affiliate Service Provide)の略で、その頭文字をとってASPと呼ばれています。
会社名ではなくビジネス形態の一つです。一般的にASPとは、アフィリエイト仲介業者のことを指し、有名なものには『A8ネット』『ジャネット』『バリューコマース』などがあります。
さて、具体的にASPがどのような役割を担っているのかといいますと、アフィリエイター(アフィリエイトをする人)がスムーズに広告宣伝ができるように、アフィリエイターと広告主の関係を仲介してくれています。
アフィリエイトとは簡単にいえば、ブログやホームページに広告を貼り付けることでした。そしてその貼り付ける広告は、その広告を持っている企業と提携し、広告の利用許可を得る必要があります。
アフィリエイトの流れ
しかし、一つの広告を利用するために、その広告主に対して直接的に提携申請をすることは難しいことです。特に私は口下手なので「提携してください!」なんて言える自信はありません。
そのため、ここでASPが重要な役割を担ってくれます。ASPは私と広告主の関係を仲介してくれるので、私は直接広告主と接点をもつ必要はありません。
ASPの仲介
どういうことかといいますと、私が「ここの広告を使いたい!」と思ったときには、ASPの管理画面ページに行き、ここの広告主と『提携する』というボタンをクリックするだけです。その後は、ASPが迅速に働いてくれます。
そして広告主による簡単な審査が行われた後に、ブログやホームページに広告を貼り付けることができるようになります。
さらにASPの便利なところは、A・B・Cという複数の広告主と提携したいときに、それらの管理画面ページで『提携する』というボタンを押すだけで、提携申請を完了することができます。あとはASPがうまく働いてくれます。
ASPの仲介2
このようにASPは、とても便利な役割を担っています。
また、ASPはこれ以外にも重要な役割を担っており、発生した報酬を一括して代理で支払ってくれます。
例えばあなたが、A・B・Cという広告主の商品をブログやホームページを通して販売したとします。すると、それぞれの企業からお礼として報酬を貰うわけですが、一つ一つに振り込んでもらうのはとても効率がわるく、またちゃんと支払ってくれるかが不安です。
そのため、ASPが責任を持ってあなたに一括で報酬を支払ってくれます。これはかなり安心できます。
これらがアフィリエイトにおけるASPの役割で、アフィリエイトをするためにはなくてはならないものです。
登録料や年会費は一切かからない
上で説明しましたように、ASPはとても重要な役割を持っており、アフィリエイトを始めるときにはなくてはならないものです。
そしてどこかのASPに必ず登録しなければ、アフィリエイトを始めることはできません。しかしありがたいことに、ほとんどのASPは完全無料で登録でき、また年会費も一切かかりません(当サイトで紹介しているASPはすべて無料です)。
なぜ完全無料でアフィリエイトさせてもらえるのかといいますと、ASPは広告主から広告代理代金を貰っているからです。そのため、私たちは一切お金を払う必要はありません。
ですので、ASPに登録した後はお金を取られることはないので、自分のペースでゆっくりアフィリエイトを楽しむことができます。